Sponsored Link

Sponsored Link

教習所ローン審査に通りたくて嘘をついたら

教習所ローン審査に通りたくて、稼いでいる金額を多めにする、本来1年未満の勤続年数を5年に延ばす、他の借り入れ件数を5件から3件に減らす等、偽るとバレずに済むのでしょうか。

 

確かに少しでも審査に有利になるには、稼ぎが多い、勤続年数が長い、他に借りているお金が少ない方が良いに決まっています。

 

しかし嘘は100%分かりますし、社会ルール下で生きる人として、決してやってはいけない行為です。

 

教習所ローンでも審査する時は、情報機関にある記録を調べてから貸すか否かを決めます。記録には、あなたがこれまで何年何月何日にどの会社にどれだけ借りたかが載っています。審査する会社は、情報機関に参加している全会社との取引情報を見る権限があります。仮に申し込みの書類に嘘を書いても、書いてあるのとは全く違う情報が確認できる訳で、必ずバレます。稼いでいる額や勤務年数は、収入証明書を確認すれば矛盾に気づきます。

 

仕事場に確認の電話が来るのが嫌で、あえて仕事場の情報欄に嘘を書く人も存在します。しかし確認電話をした時にあなたが居ないと分かるので、容易く嘘が発覚します。

 

もし嘘と分かれば審査に通らないどころか、疑われて要注意人物入りしてしまうかもしれません。

 

たとえ偽がバレずに審査に通ったとしても、その後に嘘をついていた事が分かれば、話が違うとして貸すお金を減らされたり、貸す自体を止められたりします。最悪騙した罪で裁判沙汰になりかねないため、嘘はつかずに本当の事を書いて下さい。


Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ

他と比べて教習所ローン審査の難易度は
車や家等のローンに比べて教習所ローン審査は、簡単に通りそうな気がします。保証人を立てる必要がある場合は、あなただけではなく、保証人の情報も審査対象に入ります。
勤続年数は教習所ローン審査に関係している?
転職したての人の中には、審査に通るために、書類に実際よりも長めに勤続年数を書こうとするかもしれません。申込みに使う書類には正しい勤続年数を書いておきましょう。
事故歴を持つ人は教習所ローン審査をパスできる?
事故歴とは、借りたお金を決められた日に返さない行いを何度も続けた、返し切れなくなって借金をチャラ、または減らした時に専門情報機関に記録されるマイナス情報をいいます。教習所ローンを組むには事故歴が無いのが前提ですから、借りたお金は全額払うまで返し続け、決して期日に遅れぬ配慮が必須です。