Sponsored Link

Sponsored Link

審査は仮と本番に分かれている

教習所ローンを組む時は、必ず審査が控えており、本当に返すような信用に値する人物かを調べます。

 

教習所ローンの審査は、2段階形式で、まず仮が待ち受けていて、クリアすれば、本番に進みます。本番でも合格すれば、無事教習所ローンの許可が下りた事になります。

 

仮の審査では、現在の年齢や働いている年数、1年間の収入等、大雑把に最低限の情報を見ていきます。見るのはコンピュータなので、結果を出すのがとても早く、すぐに答えを導きます。特に、ネットで申し込みした時に効果を発揮し、たった数分で結果が分かります。仮の審査で落ちた場合、考えられるのは、年齢が許可範囲外だった、稼いでいるお金が少ない、働いている年数が短い、他からも借りている等です。

 

仮をクリアできたから、本番でも必ずクリアできる保証はないです。仮の審査の時点ではまだ、教習所ローンが組める決定打とはなりません。

 

仮の審査をクリアすれば、次はいよいよ本番が始まります。今度は見るのは人間ですから、コンピュータのように素早くという訳にはいかず、状況次第では時間を要します。仮の時とは異なり、もっと様々な情報を参考にしながら、審査を進めます。合否の線引きは会社で微妙に異なる上、法律の改正で年々厳しさを増しているので、必ず通してくれる会社は存在しないと見た方が良いでしょう。

 

本番でも大丈夫と判断されたら、ようやく教習所ローンが組めます。組めたという事は必ず返してくれると信じた訳ですから、期待に応えられるよう返していくのが重要です。


Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ

教習所ローン審査はこのようにして行われる
仮にあなたが過去カードで作った借金をまともに返していなかったり、他の所で借金を繰り返していたりすると、あちらはあなたを不審がり、教習所ローンを組ませるのは止めようと結論づけます
教習所ローン審査結果が出るまでの時間
今のところ、目立つ借金は無く、カードを使って払っていても遅れずに返している等、取引がとても綺麗な場合は教習所ローン審査が早く終わる傾向です。他に借りているお金の額が多いと判明しただけで、以後詳しく調べる必要性が無くなるため、すぐに審査落ちの結果が来ます。
主に銀行に関する信用情報を取り扱ったJBA
機関に入っているのは、銀行業務を行っている所の他に、銀行系列の会社や銀行グループに加わる信販会社が挙げられます。銀行や銀行関連の信販会社の教習所ローンを組む場合、他の情報機関だけでなく、JBAも対象にデータが調べられます。そしてどれかの情報機関にマイナスな情報が書かれていると審査に不利です。
消費者金融が加盟社の大部分を占めたJICC
時効が成立すると、AはJICCに残ったあなたに関する情報を消すはずですから、しばらく経って後に再びJICCの信用情報を見て、何も記載がなければ、信用情報の問題は解消されたと解釈します
日本で一番規模が大きいCIC
情報には色々と項目が並びますが、教習所ローン審査で重視される所は、過去のクレジットカード支払い状況や、他の会社との取引状況が載ったクレジット情報と、最近6か月の間に教習所ローンを願い出た会社の情報が書かれた申込情報の2つです。