Sponsored Link

Sponsored Link

教習所ローンとカードローンの違い

教習所ローンとカードローンは何が違うかを確かめるために、今から改めて定義を見ます。

 

ローンとは日本では主に銀行が私達のような一般人にお金を貸す事を指します。普通、私達は何か欲しい物を買う時、身銭を切って手に入れます。しかし、子供を育てる、自宅を買う等で大金が飛んでいく機会が多く、自分の蓄えだけでやっていくのは厳しいのが現実です。ローンを組んで借金し、一時的に大金を手に入れる事ができれば、自分の蓄えでは到底手の届かなかった高価な物を買えます。その後は何年かにわたって毎月決められた額を返し続けていきます。返済できなくなった時に備えて、全て返し切るまで、私達の買った物は銀行の物、つまり担保となっています。もっとも、教習所ローンは家と比べて決して高額とはいえず、担保対象にはなりません。が、返してくれないと困るので、事の次第によっては保証人が求められます。

 

一方、カードローンとは信販会社の場合、クレジットカードに付いた借金可枠の事を指します。最初に決められた金額を超えなければ何回でも借りれます。基本、お金の使い道は自由ですが、教習所ローンを新たに組んだ方が金利面で得します。契約の手順も簡単で、保証人や担保の手続きはしなくて良いとした所は多いです。

 

ローンもカードローンも結局借金ですが、金利の高低と利用範囲の広さ、審査の難易度、手続きの煩雑さが異なります。

 

傾向として、ローンは金利が低い代わりに使い道が決められていて、審査が厳しく、手続きも煩雑です。カードローンは、金利が高めだが普段のショッピングにも使え、審査に通過しやすく、手続きが楽です。

 

教習所ローンの場合、借りる所により、ローンかカードローンのどちらかに変わるので、その点も注意して借りる所を選びます。


Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ

手持ちがなくても車の免許取得金が得られる教習所ローン
お金がないけど今すぐ免許がほしい。そういう時は教習所ローンを使うといいですよ。
教習所ローンをやっている所の種類
教習所ローンはどこで借りられる?大学生かそうでないかで借りるところは違います。
教習所ローンに保証人は必要か不要か
教習所ローンに保証人は必要か不要か知りたいと思います。未成年かそうでないかによって変わってきます。
教習所ローン申し込みから実際に使えるまでの流れ
自動車学校に行きたいけどお金がない場合は教習所ローンを使えば免許取得できます。その流れをご説明します。
教習所ローンの返済方法と注意
教習所ローンの返済方法を説明します。スキップ払いはこのように利用します。
もしも教習所ローンの返済が滞ったら
教習所ローンの返済が滞ってしまったらどうなる?一応、リスクを知っておくことで安心して利用することができます。